<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.09.15 Thursday  | - | - | 

編集者の田坂苑子さんが全米ベストセラーを翻訳

クレア・シップマン,キャティー・ケイ
CCCメディアハウス
¥ 1,944
(2015-05-28)

海外文学の編集者、出版エージェント、ライター等々、多彩な才能を輝かせ活躍されている田坂苑子さんが、アメリカのベストセラー書「なぜ女は男のように自信をもてないのか」の翻訳を手がけられました。5月28日、CCメディアハウスより刊行予定です。

「アメリカで物議を醸した「自信」論争の発端となった一冊。ニューヨークタイムズ・ベストセラー!女性たちは「努力は報われるもの」と信じて頑張り続けてきたが、どれだけ努力しても、いまだ自信が持てない状況にあるのはなぜか。活躍する女性たち(IMF専務理事ラガルド氏、スポーツ選手など)への取材だけでなく、男女の自信の差を明らかにした研究や著者の遺伝子検査結果を紹介。科学的な側面からも「自信のなさ」を明らかにしていく」CCメディアハウスの紹介ページより



2015.05.01 Friday 09:55 | - | - | 

ARTE ESPACIO 2014 ブエノスアイレス・アートフェア

[ アート ]

8月14日から19日まで、ブエノスアイレスのEspacio Darwinにて、現代アートフェアARTE ESPACIO 2014が開催されます。以前、ブログでも紹介した、Kiki Lawrieの最新作も展示されますので、この期間ブエノスアイレスに滞在中の方は、ぜひ足を運んでみてください。


開催期間:8月14日~19日 13:00~21:00

会場:Espacio Darwin
Av. Santa Fe 35, esq. Av. Márquez, Hipódromo de San Isidro, Buenos Aires, Argentina.

入場料:80ペソ 



2014.08.13 Wednesday 08:13 | - | - | 

「四角い宇宙 本と絵とデザインと」展のご案内

装幀家と画家の皆様による企画展「四角い宇宙 本と絵とデザインと」が、渋谷のギャラリー「ウィリアム モリス」で開催されます。「ディオニュソスの蛹」の装幀を手がけてくださった柳川貴代さんと、挿画の斧原由季さんも参加、「ディオニュソス」の表紙原画も展示されますよ〜。

「四角い宇宙 本と絵とデザインと」
日時:2014年6月3日(火)〜26日(木)
    13:00〜18:30 ※日、月、第3土曜(21日)休
会場:ウィリアム モリス 珈琲&ギャラリー
    東京都渋谷区渋谷1-6-4 The Neat青山2F
    TEL:03-5466-3717
2014.05.29 Thursday 17:08 | - | - | 

ディオニュソスの蛹「八月の序章・兄弟」全文公開

新作長編「ディオニュソスの蛹」序章を全文公開いたします。

お楽しみいただければ幸いです!
 

「八月の序章 兄弟」 
 

ナポリ 真夏の大天使 


ブエノスアイレス 真冬の獅子 

 


東京創元社のサイトで、後日譚「紫水晶は酔わせない」公開中

 

小島 てるみ
東京創元社
¥ 1,944
(2014-02-28)

2014.04.11 Friday 09:38 | - | - | 

「ディオニュソスの蛹」レビュー(アートセラピスト・吉田エリさん)

前回の記事「描かれた心が教えてくれる」で紹介した、表現アートセラピストの吉田エリさんが、ご自身のブログに「ディオニュソスの蛹」のレビューを書いてくださいました。本当にありがとうございます!

イラストレーター、アートセラピストならではの独自の視点で、物語に深く切り込んでくださっています。エリさんの文章は描かれる絵と同様、とても真摯で美しいです。

エリさんのアートセラピーに関する著作は、実際にワークショップに参加しているような、わくわくした臨場感と安心感につつまれます。私は「なんだか停滞している」と感じるときは、エリさんの御本を参考に、絵を描いてみます。自分に制限をかけずに表現していると、それだけで気分が明るく軽くなり、滞っていたものが流れだし、行きたい方向が自然に見えてきます。
 
2014.04.11 Friday 09:36 | - | - | 
 | 1 / 13 PAGES | >>